お金に関する認知症の症状とその対応策

認知症の症状の一つに、「物取られ妄想」というものがあります。この症状は、認知症で起きやすい被害妄想の一つで、自分の大切な物を取られたと訴えます。自分が管理していた物を失くすのは、認知症ではない高齢者でもよくあり得ることです。置いた場所、管理している場所を忘れてしまうことが原因なのですが、自分が失くしたと思っているのであれば、認知症の物取られ妄想とは異なります。物取られ妄想は、自分が失くしたとは全く思っておらず、誰かに盗まれたと思ってしまうのです。

 

 

物取られ妄想で多いのはお金

盗まれたと訴えられるのは、主に財布や現金、預金通帳などのお金関係が多く、介護をしている人や一緒に居る時間が長い人に疑いの目が向くことが多いのが現実です。家族の場合は、何でも言いやすいお嫁さんや娘さんが多く、介護施設では職員が多いようです。

 

 

妄想を起こしている人への対応策

対策として、出納帳を付けるなどの徹底された金銭管理も必要ですが、物取られ妄想を起こしている人への対応が最も重要となってきます。「あなたが盗んだ」と言われると「盗んでいない」と言いたいところですが、自分の訴えに間違いはないと思っているので、嘘をついていると思われるだけで解決することができません。また、「盗まれたのではなくあなたが失くした」等と責めると、自分の考えを否定されたことになるので、怒り出したり情緒が不安定となってしまう場合があります。

 

まずは、本人の訴えを否定せず受容することが必要です。ポイントは、「盗む」という言葉は使わずに、「無くなったのならとても困りますね。一緒に探しましょう」等と気持ちを共有して一緒に探す姿勢を見せることです。また、物取られ妄想が出ている時は興奮していることが多いので、探しながら本人が好きなものの話題を出して別の話に切り替えると良いでしょう。興奮が見られていない時に何か本人が不安に思っている事がないか話を聞くなど、日頃から話を聞く機会を増やすことも大切です。

 

 

専門家へ相談・受診を

そして、専門家への相談も大切です。物取られ妄想は比較的に認知症の初期段階で起こるケースが多く、薬の服用で進行を遅らせることもできるのです。病院への受診を拒否する場合は、市の介護相談窓口等へ相談することがお勧めです。